国際ヒーリングアート芸術協会のテーマ


国際ヒーリングアート芸術協会は、『アートを通して地球を想い、愛と優しさで満ちあふれた社会へ』をテーマに活動しています。

【国際ヒーリングアート芸術協会の名前の由来】


以下ような考えから『国際ヒーリングアート芸術協会』と名付けました。

【国際】

国際ヒーリングアート芸術協会代表講師 今袴(Kyoko)は国内外で作品を発表する現代アート作家です。その独特な作風で海外のコンクールでの入賞、入選など評価を頂いており、すばらしいヒーリングアートだと言って下さる方もいらっしゃいます。世界中の人がヒーリングアートを描いたり、見たりできるようになれたら、どんなにすばらしいことかと思っています。

アートには国境がないので、「世界平和への願い」をアートで表現出来る人が世界中にたくさん増えたらとても嬉しく思います。

皆さんの作品を通して、愛と優しさの波動を「世界へ」届けてほしいという願いも込められています。また、国際ヒーリングアート芸術協会の認定講座を修了された皆さんがいつか世界へ羽ばたくアーティストになってもらいたい、応援したい、という気持も込めて「国際」という文字を入れました。

【ヒーリング】

ヒーリングとは、ウィキペディアによれば、『癒し(いやし)、ヒーリング (healing) とは、心理的な安心感を与えること。またはそれを与える能力を持つ存在の属性である』とあります。

当協会ではつぎのようなアートをヒーリングアートであると捉えています。

自分や他者を癒したいと願い制作されたもの
自分や他者への感謝や思いやりを表現したいと願い制作されたもの
動物、植物など自然への愛や感謝を込めて制作されたもの
地球への愛と感謝を表現したもの
宇宙への愛と感謝を表現したもの  など
このように「愛、感謝、癒し」などの意志や意図をもって制作された作品は、そのような波動を有するため、作品を見る人が、愛、感動、癒し、勇気などを受け取るものだと思います。癒しの持つ力は心身ともに持続的・恒久的・継続的な安らぎの効果をもたらすといわれます。愛と優しさに満ちた癒しの絵=ヒーリングアートを描ける人を増やすことは、殺伐とした社会にやすらぎをもたらすことでしょう。

当協会では、作品の完成度の高さや上手い下手よりも、作品を通してなにを伝えたいかに重きを置いています。愛、感謝、癒し、調和、平和への願い、などをテーマに制作された作品は、すべてヒーリングアートであると考えています。そのような作品を描ける人がたくさん誕生することを願っています。

【協会】

資格をとった人たちが集える場所をつくりたい。それが「国際ヒーリングアート芸術協会」の設立主旨のひとつです。